ごあいさつ

ごあいさつ

皆様には平素より格別のお引き立てをいただき、心から御礼申し上げます。

当社の創業は、小さな木造船からのスタートでした。
現取締役会長の福永文隆が船長をし、弟の福永九重は機関長、その他の乗組員はわずかに1人。豊後水道の荒波にゆられながら日向細島から大阪方面へ木材を運ぶことから事業を開始し、その間幾度となく押し寄せる不況の波に立ち向かいながら、お陰様で当社は2019年に設立50周年を迎える事となりました。これも偏に当社社船をご傭船いただいているオペレーターの皆様を初めとし、船舶所有と管理を支えていただいております、金融機関、造船・修繕会社、保険会社、船員派遣会社、総合商社、船用品・潤滑油納入会社、各代理店、船級協会、法務・税務関連の方々等、各業界の皆様のご協力と、ご支援の賜物と感謝致しております。

当社は、『本物への挑戦』というスローガンの下、あたり前の事をあたり前に出来る海運会社を目指しており、 先人達が築いてきた技術や伝統を守りつつ、目まぐるしく変わりゆく世の流れの中で、常に時代の変化に対応しながら、高い志を持ち続け、当社を支えていただいている皆様に対し、他とは違う最高のサービスを提供できるよう日々努力致しております。

代表取締役社長、福永庄一朗はまだ若輩者でございますので皆様のより一層のご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げる次第です。

代表写真

代表取締役 福永 庄一朗

ページ上部に戻る